まさかの化粧水でニキビが悪化・増加する?驚きの原因と事実とは

私たちのニキビには

  1. 睡眠不足
  2. 水分不足
  3. 運動不足
  4. ストレス
  5. 栄養バランスの偏り
  6. 飲酒・喫煙

などなど、様々な発生原因があります。

ですが「化粧水を使ったらニキビが悪化、または増加した!」なんて方もいらっしゃるようです^^;

ニキビケアのために基礎化粧品を使用しているのに、まさか化粧水でニキビが・・・?

私も初めて知った時は衝撃でした!

とは言え、物事には必ず「原因」があります。

その原因を突き止めればどうという事もありません。

では、今回の記事では「何故化粧水を使ったら、ニキビが悪化・増加するのか」について詳しくお話ししていきたいと思います!

 

化粧水でニキビが悪化・増加する?

化粧水と言うのは「洗顔後」一番最初にお肌に付ける化粧品です。

洗顔料で洗顔した後のお肌は「皮脂や脂分」がほぼ洗い落とされているため、かなり敏感になっているんですね。

そんなお肌に最初に付ける訳ですから、化粧水が「肌質」に合わないとニキビが出来てしまう可能性は十分考えられます!

私たちのお肌には

  • 敏感肌
  • 乾燥肌
  • 脂性肌
  • 混合肌

といった種類があります。

このお肌に合った化粧水を選らばなければ「ニキビが出来てしまう」んですね^^;

では上記の肌質は、どういった違いがあるんでしょうか?

 

敏感肌

敏感肌は

  1. かゆみ
  2. 痛み
  3. 乾燥
  4. ごわつき
  5. つっぱり感

といった目に見えない症状が特徴と言われています。

また敏感肌の多くは、健康的なお肌に比べ皮脂や脂分が少なく「バリア機能が低下」しています。

なのでお肌が乾燥しやすくニキビも出来やすい

  • 体調の変化
  • ストレス
  • 冷暖房
  • 花粉等

といった影響で、肌トラブルが起きやすいんですね^^;

そしてバリア機能が低下していると「お肌が水分不足」に陥っている可能性もあります。

つまり、お肌に合った化粧水を選び、しっかりとうるおいをプラスしてあげないといけないんですね!

 

乾燥肌

乾燥肌はドライスキンとも呼ばれる肌質です。

敏感肌の方の多くは「乾燥肌である」と、言われるくらい症状(乾燥・かさつき等)は似ているんですね。

ですが乾燥肌が敏感肌とちょっと違うのは

  1. 赤み
  2. 腫れ
  3. シミ
  4. ほうれい線等のしわ

といった「目に見える」症状が主なんですね。

また乾燥肌は敏感肌同様バリア機能が低下しているので、乾燥しがちであると同時に「しっかりとした保水」が大事になってくるんですよ!

なのでニキビだけでなく、その他の症状を防ぐためにも「お肌に合った化粧水」を選びたいところです。

 

脂性肌

脂性肌(しせいはだ)は「オイリー肌」とも呼ばれ、その名の通り敏感肌や乾燥肌と違い油っぽいお肌のことです。

脂性肌はニキビの他に

  • 皮脂
  • 角栓
  • 脂分
  • 黒ずみ
  • 毛穴詰まり
  • お肌のテカリ

といった症状が出やすいんですね^^;

ニキビは基本的に「毛穴詰まり」による炎症が原因です。

つまり毛穴詰まりの原因でもある皮脂や角栓を「洗顔」でしっかりと除去しなければいけません。

ですが、皮脂や脂分が全て無くなってしまうとお肌は「無防備」な状態に。

 

そこで大事なのが「オイリー肌に合った化粧水」なんですね。

洗顔後のケアをしっかりとおこなう事で、お肌をトラブルから守ってくれます!

 

混合肌

混合肌は乾燥肌と脂性肌が混ざったお肌のことです。

例えば

  • 鼻筋
  • 小鼻

といったTゾーンが脂性肌。

  1. 口周辺

などのUゾーンが乾燥肌。

こんな感じに異なる肌質が混ざっているのが混合肌なんですね。

基本的に化粧水は、肌質別にオススメがありますが「絶対に合う」訳ではありません^^;

なので一概に「このお肌にはコレ!」とは言えないんです。

つまり「色々自分のお肌で試してみて、自分に合う化粧水を見つける」ことが大切なんですね!

関連記事

二キビはそう簡単に治らない!適切な治し方を知らないと大変な事に?

何故大人ニキビは簡単に治らないのか!その意外な原因と対策方法とは

ニキビの原因は様々ある?思春期ニキビと大人ニキビの違いは?